藤崎 祥見

職種
代表取締役CTO
経歴
筑波大学大学院システム情報工学研究科
職歴
野村総合研究所
テキスト
#仏教 #福岡移住

藤崎 祥見

代表取締役CTO

プロフィール

筑波大学大学院システム情報工学研究科修了後、野村総合研究所でエンジニアとして5年間勤務。2013年に山本雅也と共同でキッチハイクを創業。二十歳になった次の年に仏門に入るために大学を休学し京都へ渡る。1年間の修練後、西本願寺で住職の資格を取得。その後、世界中の人々が無償で1つのものを創り上げていくオープンソースコミュニティに仏教の世界観との共通点を見いだし、エンジニアとして活動をはじめる。
主な著書:「React Nativeに支えられる企業」(共著)

創業した理由

食を通じて人が出会う仕組みを作る。そして食卓での交流を再価値化する。インターネットを使って。それは交流の拠点であった古き良き時代のお寺の役割を、別の形で復活させるようなプロジェクトに思えた。お寺で生まれ、インターネットの力を信じている自分にしかできないことだと直感的に感じた。

>>インタビュー記事を読む

 
【第2弾記事】
【第1弾記事(ピボット前)】